« IDEカセットの威力 | トップページ | 私の学習スタイル(アウトプット編 その1) »

私の学習スタイル(インプット編)

カセットテープの導入によって、私の初期の学習スタイルが確立された。

まず、通勤時間に車の中でカセットテープを聞く。これはひとつひとつの要素を吟味して聞くわけではなく、まるで音楽でも聞くように、ただ聞く。そして片面30分程度のテープを何度も聞く。
そうしているうちに、段々とその内容を覚えてくる。
テキストの場合は、この項目は何でだろう?と理屈ばかり考えて、先へ進めなかったが、テープの場合は理解していなくても勝手にテープは進んでしまう。
井出先生のテープは、もちろん理路整然としているので、聞いているだけで自然と理解も進む。だから、休憩時間にテキストを開いても、割とスムーズに読むことができた。

重要なのは休日の勉強だ。
今度はウォークマンでテープを聞きながら細かくテキストを読んでいく。テープの内容で、真島の基本書に書かれていない説明を書き込んでいくわけだが、ここでこのテキストの難点が浮かび上がってきた。
書店で売っているテキストというのは、ぎっしりと詰まったお得感を演出するためか、余白がほとんどないのである。たとえば一つの項目についての解説がページの途中で終わっている場合、次のページから次の項目の解説を始めればいいのに、たとえ3,4行の内容でも余白なしでギチギチに印刷されている。
完璧な内容のテキストならば、それでもいいかもしれない。しかし、真島の基本書は社労士試験すべての教科を1冊に凝縮したテキストなので、内容的にも補足するべき点が多かった。
おかげでわずかな余白に細かい文字で書き込みをすることの苦痛とストレスたるや、十分に学習効率の妨げになってしまっていた。

しかも、真島の基本書は2色刷りで、重要な項目は赤で印刷されており、それに付属の赤シートをかぶせると文字が消えて暗記に役立つようにできていた。
これは一見、便利なようだが、実際に使ってみると実に不便だった。
それは私が覚えたいと思った項目と、赤で印刷されている項目とが一致しなかったからだ。仕方なく緑色のチェックペンを買ってきて、自分が覚えたい語句や数字を消し、余分な赤字は上から黒のボールペンでなぞって見えるようにするという、全くの2度手間になってしまった。

要するに真島の基本書はカスタマイズしにくいのだ。

サブノートを作ることも一度は本気で考えたが、時間の無駄だし、後から見直す時も、テキストに情報が集約されていた方が学習しやすいはずだ。

色々な困難を乗り越えつつ、インプット学習はこのようにして進んでいった。

« IDEカセットの威力 | トップページ | 私の学習スタイル(アウトプット編 その1) »

社労士 回想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499947/9073599

この記事へのトラックバック一覧です: 私の学習スタイル(インプット編):

« IDEカセットの威力 | トップページ | 私の学習スタイル(アウトプット編 その1) »