« 質問掲示板とIDEのカセット入手 | トップページ | IDEカセットの威力 »

大学の校友会に出てみた

母校の校友会(近隣の支部会)に初めて参加してきた。
私の出た大学は1学年何千人もいるマンモス校なので、同窓会といっても誰か知っている人と会えるわけではない。
だからこういうものに参加する人の方が少数派だと思う。私だって、社労士開業を控えていなかったら100%断っていたはずだ。

この支部だけで130人が所属しているらしいが、年1回の総会ですら、参加者はせいぜい40名ほどしかいなかった。
なにしろ初めてで知らない人ばかりなので、あまりたくさんの人とは話せなかったが、社長さんや、他士業の人が何人もいた。
せっかくなので、名刺を頂いた方には御挨拶のはがきでも書いてみようと思う。

ただ、年齢層が非常に高く、8割以上が60~70代。こんな大先輩たち(年齢だけでなく、社会的地位も高い)にこれから営業するというのはかなり勇気が必要だ。
なにしろ先輩たちからは、私なんて孫も同然のヒヨッ子に見えたことだろう。
ヒヨッ子はヒヨッ子らしく、素直に接していく他あるまい。

« 質問掲示板とIDEのカセット入手 | トップページ | IDEカセットの威力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

石川県白山市で豆腐屋をしております山下浩希と申します。

私のブログ「燃える豆魂日記【豆腐道とうふみち】にトラックバックありがとうございました。

ブログ最初から「面白く」と言っては失礼ですが読ませて頂きました。目標設定の動機が今一つ曖昧な感じがしましたが「やる!」と決めてやり遂げるのが凄いですね。

母校の校友会に出席された事を書かれてますが、私も5年前から毎年出席しています。

校友会のいいところは卒業後胸を張って生きている人等が集まるということです。胸を張れない人は校友会に来ません。

共通点は「母校が同じ」だけかもしれませんがこれもご縁!活かす価値は十分あると思います。

私も親から継いだ個人商店を法人化して丁度10年。人で苦しんでばかりです。お互いがんばりましょう。

経営者さんの目にとまるとは光栄です。
確かに動機は自分でも「こんないい加減にこの道に進んでしまっていいのだろうか?」と思うほどでした。
でも、私は昔から自分の直観を信じる方でしたので、えいっとばかりに初めてしまったというのが実情です。

確かに校友会って、なぜか蒼々たる人ばかり集まってくるんですよね。私もサラリーマンの頃は、検討の余地すらありませんでした。それがこういう立場になると急に考えが変わるところが不思議なものです。

今後も良きコメントよろしくお願い致します。

 はじめまして。拙ブログ「幸せの黄色いニュース」にTBいただき、ありがとうございます。
 トヨタ系の期間工から社労士とはすごいですね!私の事務所にも社労士を目指している人がおりますが、仕事をしながら、というのはまた格別の努力がいることでしょう。

 大学の母校の校友会のところでTBしていただきましたが、私は帰郷してからすぐに案内が来たので、全然年が離れているとは思いましたが、こういう場でないと知り合えない方たちとつながれる面白さと、同郷の者同士の「愛校心」というのがみなぎるのも楽しいので、ずっと続いてます。

 今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499947/9073582

この記事へのトラックバック一覧です: 大学の校友会に出てみた:

« 質問掲示板とIDEのカセット入手 | トップページ | IDEカセットの威力 »