トップページ | 正社員登用試験 »

このままでは生きている価値がない

36歳、妻と子供が2人(今年3歳と5歳になる)。
私は某トヨタ系の工場で期間工をしている。
年収360万。
年間労働時間2400時間(半分は夜勤)。
長時間労働で、しかも夜勤がからむため、常に体調不良で、自分の時間もとれない。
妻は時給800円のパートで月収5万円。
家の中は常に混沌としており、生活の苦しさと互いのストレスから口論の絶えない日々。
子供のうち一人は多動性障害の疑いがあり、しつけに普通の子の数倍の労力と時間を要する。
貯蓄はやっと300万。
年金未納期間は夫婦それぞれ5年以上。

正直、かなり身動きとれない状態だ。
去年あたりから格差問題がクローズアップされて、期間工から正社員への登用が増えてはいるが、仮に登用されたとしても任される仕事は単純作業のみで、60歳過ぎまで夜勤もやらされる。まさに身を削りながらの人生だ。

そうした未来が透けて見えた2年前、私は決意した。
今からでも自分の人生の方向を変えようと。
社労士資格への挑戦が始まった。 

トップページ | 正社員登用試験 »

社労士 回想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499947/9070485

この記事へのトラックバック一覧です: このままでは生きている価値がない:

トップページ | 正社員登用試験 »